こんにちは。(*^-^*)

本日はフィルター自動お掃除機能付きエアコン2台のクリーニングをさせていただきました。

ダイキン製、機種名はAN40PRP(2013年製)と三菱製、MSZ-ZW221(2010年製)。

ダイキン製のこの機種は「フィルター自動お掃除ユニット」というものが付いており、自動もしくは手動フィルター掃除ボタンを押すことによりフィルターを自動的にお掃除してくれる機能です。便利ですね、とても。。。

でもお掃除してくれるのはあくまでもフィルターだけで、エアコン内部はカビてしまいますけどね!

最近のエアコンはこのフィルター自動お掃除機能が付いていることが多くなっています。

で、このダイキン製AN40PRP、本体と天井の間が最低12センチほど空いていないとフィルターお掃除ユニットを外す事ができないのです。。。

いやな予感が。。(^^;)

分解をしていきましたが、案の定フィルターお掃除ユニットが天井に当たって外せません。。。

少し前に同じ機種を分解しましたが、そこでも分解できませんでした。

幸いユニットをずらしながらのクリーニングは可能だったので作業は続行致しました。
(‘◇’)ゞ

帰社してから、取付時に天井からどれくらい離して設置する、などの決まりがあると思い調べてみたところ。。。。

(p_-)

やっぱり!据付説明書には天井から30センチ以上離して設置、とあるじゃないですか!

取付業者さん!頼みますよ~!(-_-;)

でも実際には30センチも空けられる状況って少ないのでしょうかね。。。

たまに天井スレスレに設置なんてこともあるので。。。
(-_-;)
もしこの機種がそんな状況にあったらと思うと。。。

分解クリーニング出来ないかも知れませんよ!