失敗しないハウスクリーニング業者の選び方

世の中にハウスクリーニングの会社は数多くあります。
個人でされているお掃除屋さん、中小・大手清掃会社さん、リフォーム会社に所属している清掃業者さん、当店のようなフランチャイズ店などなど。最近では東京ガスさんがハウスクリーニング事業を始めたようです。
iタウンページで「ハウスクリーニング 東京」と検索しただけでも4,000件以上、google検索ですと10,700,000件もヒットしてしまいます。 近年の少子高齢化社会の加速や女性の社会進出、共働き世帯の増加、新型コロナウイルスによる衛生意識の変化などでハウスクリーニングの需要は今後も伸びてくるでしょうし特別な資格が必要ではないため新規の業界参入もしやすい傾向にあります。
考える女性
そんな状況において「ここに頼んで良かった!」と思えるようなハウスクリーニング業者を探すのは中々難しいことかもしれません。 この記事ではハウスクリーニング業者選びに失敗しないよう、注意すべき点と選び方についてお掃除のプロの目線でご紹介していきます。
家の中に入ってお掃除してもらうので出来るだけ安心してお願いしたいと思うのは当然ですしハウスクリーニングは高度な技術をもったスタッフでないと対応出来ないような場面も数多くあります。せっかく依頼するなら高い技術をもった業者を選ぶため、以下のポイントを見ていきましょう。

ホームページにお掃除の内容や料金などの記載があるか

汚れの度合いや作業範囲によって料金が変わってくることも当然あるので一概には言えませんが、ネットで見つけたお掃除会社のホームページに料金などの記載がない場合は注意した方が良いかもしれません。 また、料金表示があったとしても別途追加費用が発生する場合も考えられますので確認しておきましょう。内容以外に、所在地を記載しているかどうかも重要なポイントです。

電話・メール受付時の丁寧さ

顔の見えない相手なので電話の応対は非常に大切だと思います。会社名は分かってもどんな人が来るのか?しっかり対応してくれるのか?など不安な気持ちはどうしてもあります。言葉遣いや口調で違和感を感じたらその業者さんは避けた方が無難かもしれません。

話しが「上手い、下手」ではなく「お掃除についての自分の悩みをしっかり聞いてくれるかどうか?」が重要です。繁忙期や忙しい時間帯もあるかもしれませんが、そのような状況でもちゃんと相談にのってもらえる業者さんの方が実際にお願いした時も誠実に対応してもらえる可能性が高いです。

見積り時の対応・説明

見積時の説明も押さえるべきポイントの一つです。どこまでやってもらえるのか、キレイになるのかならないのか、作業範囲や注意事項など見積り内容の説明はどても重要です。質問の答えが曖昧だったりしたらご注意ください。

クチコミなどの評判

ホームページやチラシには基本的に良いことしか書いてありません。それよりも実際に利用された方の「生の声」がとても重要です。googleクチコミなら簡単に調べられますので参考にするのも良いかと思います。ただし最近はクチコミを書いてもらう代わりに「値引きをする」「オプションをサービスする」などの業者さんもあるので注意が必要。満点評価が異常に多いところに良くあるパターンです。また、悪い評価がついていたとしても内容次第ではそこまで気にしなくても良いかもしれません。

自社スタッフかどうか

お掃除をお願いしたら「業務委託先・下請け業者さんだった」ということも良くあります。責任を持ってしっかりと対応してもらえるのであれば問題はないのですがトラブル時に責任の所在が不明確になることも。

社員?アルバイト?

ちなみに「社員」か「フリーランス(アルバイト)」かという問題はそこまで神経質にならなくても良いのではないかと思います。あくまでも立場、働き方の違いであって「お金」をいただいて働く以上は全員がプロフェッショナルであるべきです。「アルバイトか社員か」という問題よりも十分な知識と経験を持って作業にあたってくれるか?又は経験豊富な熟練スタッフがしっかり指導しているのか?相手の立場になって考えて行動(お掃除)出来るのか?の方が重要と考えます。

破損・トラブル時の対応

ハウスクリーニングは人が行うものなので作業中に家の中の物を壊してしまう可能性もゼロではありません。依頼するときは必ず損害保険会社に入っているかどうかを確認しましょう。個人店や下請け業者さんで保険に入っていなかったという事例も稀にあります。

まとめ

個人店でもしっかり丁寧な仕事をするところもありますし、残念ながらそうではないところもあります。当然、大手フランチャイズ店でも同じ事が言えると思います。
上記のポイントを確認しながら総合的に判断する事をお勧めいたします。